アレッシィショップ青山

ニュース

トーストラックの変わった使い方

WEB担当のバナナボーイです!
僕はアレッシィのプロダクトをたくさん買っているのですが、一つ信条があります。
それは「使う」ことです。
やっぱり道具なので使ってこそわかる良さもあるし、日常生活に溶け込んでこそ、アレッシィの「Art and Poetry」が実践できると思うんですよね!!!

・・・なんて、つい力説してしまいましたが、そんな僕でも「いつ使うんだ!」とツッコミたくなるようなモノが、いくつかあります。
その一つが、クリストファー・ドレッサー の「トーストラック」です。
これ、アレッシィが19世紀後半にイギリスで活躍した工業デザイナー、クリストファー・ドレッサーのデザインを、現代に復刻した、極めて資料性の高い貴重なプロダクトなのはご存知でしたか?
これがALESSIから製品化されていなかったら、博物館でガラス越しに見ることしかできないようなプロダクトなんですねー。それを実際に食卓で使える、というのがアレッシィによる復刻の素晴らしい点です。

僕もこれを手に入れた当初は、早速トーストを2枚ばかり立ててみたものですが(笑)、残念ながら習慣にはなりませんでしたね。。そもそも家はご飯食なので。。

しかしこのトーストラック、今は「CDラック」として活躍しています。
CDシステムの横に置いて、今チェンジャーに入っているCDのケースを差しておくのに、ちょうどいいんです♪
そのためのツールとしてはちょっと値が張りますが、この100年以上前にデザインされた貴重なプロダクトを生活に取り込めることは、値段以上の価値があると思っています。
bb_120106_1.jpg

他にも変わった使い方をしているものがあるので、またご紹介しますね!

※ちなみにトーストラックは、英国などで、朝食の際にトーストを立てて運ぶために使うものです。
重ねて湿気でフニャフニャになってしまうことを防ぐため、このような道具があるのだとか。

2012年1月 7日 | ブログ |

Banana Boy