The Dream Factory: Alessi Since 1921

  1. 全商品
  2. カテゴリー
  3. ラッキーボックス
  4. パスタセット「Lucky Box」「箱汚れ又はつぶれあり」

パスタセット「Lucky Box」「箱汚れ又はつぶれあり」

通常価格:¥ 55,000 税込

¥ 46,750 税込 8,250円OFF

加算ポイント:425pt

商品コード: 9092 FM

デザイナー : Massimo Morozzi(マッシモ・マリアーニ)

材質:ステンレス
直径: 23cm
高さ: 30cm
容量: 4.9l
*外箱の箱潰れ・汚れなので商品には影響がありません。

数量
Pasta-セットは、ALESSIの調理器具開発の中で本物の革新的な製品の1つです。 ざるをいれたままパスタ(他麺類)をゆで、茹で上がったらそのまま引き上げ革新的な鍋です。見た目も美しく機能性を備え、ざるが本体収納され片付けも簡単な製品です。

The Designer

マッシモ・マリアーニ

マッシモ マリアーニは、建築家兼デザイナーで、1951年にイタリアのピストイアで生まれました。1977年に彼はフィレンツェの建築学部を卒業し、学者のレモ ブティに協力しました(1980年から1992年まで)。1980年にマリアーニは、アルベルト カシャーニと共に、実験用オブジェクトおよび家具のデザインと製造のためのStudio Stilemaという会社を設立。1986年、建築家のグループと共に、Bolidismoの共同創設者になりました。1990年以来、モンテカティーニテルメを拠点とするマリアーニのプロとしての活動は、インテリアデザインと建築に焦点を当ててきました。彼は、民家やたくさんの公共の建物を含む、多くの種類のプロジェクトを実現し、トスカーナの多くの銀行や、指向性の高い建物のデザインをしました。マリアーニの多くのプロジェクトは、非常に名誉ある賞を獲得しました:「Inventare la copertina di Modo」(1979年)、「La casapiùbella del mondo」(1988年)、「Premio Dedalo alla committenza」、(1999年)、 US Award 2009、(2009年)などです。デザイン活動については、彼はALESSI-Tendentse、Stilema、Meccani、Arredaesse、Limonta、Unitaliaと協力しています。 2005年に、Verbavolantの編集者は、彼の作品についてのモノグラフ「Massimo Mariani Progetti 1980-2005」を出版しました。 ルイージ マッソニは、1930年ミラノ生まれのデザイナー兼建築家で、Cermenate(Como)のA&Dを担当していました。ミラノのCollettivo di Architetturaでのトレーニングと、1953年から1955年の間の最初のプロとしての経験を経て、マッソニはALESSIのためのカクテルシェーカー(1957年、カルロ マッツェリと共に)と、現在でも生産中のSerie 5コンテナを製造することからデザイナーとしてのキャリアスタート。1957年から1960年の間に、C.デ・カルリ(V.)と共に、プロダクションのリニューアルに貢献し、様々なイベントに参加、雑誌「Il Mobile Italiano」(V.)の創設に参加しました。1959年に、家具製造業者のグループとパートナーシップを組むことによって、彼はMobilia(V.)創設の主催者となりました。そして同年、プロダクションコーディネーター兼デザイナーとしてBoffi(V.)に加わり、史上初の家庭用および台所用モジュラーシステムの作成を行いました。この経験から、まだデザイナー兼アートディレクターとしての能力の範囲内だったため、彼はPoltrona Frau(V.)(1968-1976年)のイメージを高めました。Fratelli Guzzini(V.)(1963-1976年)、彼はボールのセットBolo cubo(1962年)とディナーサービスVanessa(1969年)、iGuzzini(V.)(1965-1976年)をデザインしました。1990年代初頭、彼はCedit、Gabbianelli(V.)、Sirrah(V.)、およびVenini(V.)とも仕事をしていました。 カルロ マッツェリは、1927年にオレッジョ(ノバラ)で生まれ、1956年にヴェネツィアの大学建築学院の建築科を卒業しました。ヴェネツィアのカルロスカルパとの初期のコラボレーションの後、建築家のマリオ リギニのスタジオと彼は、ブルソンで行われたコロニア オリヴェッティとカララ商工会議所のためのコンペに参加し、トップの一つになりました。1957年に彼は、ルイージ マッソニと共にカクテルシェーカー「870」をデザインしました。これは、外部の共同制作者によってデザインされたALESSIの最初のオブジェクトの一つであり、現在も世界中で愛されています。60年代と70年代には、アンセルモ ヴィターレと共に、主にホテル業界で使用するオブジェクトの完全なコレクションをデザインしました。オメーニャのALESSI工場(1960 - 1971年)、ギルミ家電製品工場(1962年)、そしてラゴスティナのオフィス(1964年)の責任を負い、土木および産業建設に携わり、1970年には、フェラニアの3Mイタリア、1972年にオレッジョのSalumificio Romano Mainelliの乾燥機と新しい倉庫を建設しました。工業デザインの分野では、Girmi、Lagostina、Bialetti、Indesit、Fonderie Filiberti、Triplexともコラボレーションしています。 1973年に彼はノバラに建築のスタジオを開設し、市民の建築、修復、そして町の計画に携わるようになりました。 "アレッサンドロ メンディーニは1931年にミラノで生まれ、1959年に卒業しました。彼は建築家、アーティスト、デザイナー、デザインマネージャー、理論家、ジャーナリストで、ニッツォリスタジオで仕事を始めました。1970年に彼は、建築とデザインに関するジャーナリズムに集中する計画を断念し、カサベラ、モド、ドムスを編集し、自分がデザインの世界を刷新するという考えを伝えてきました。ブランジとソットサスと共に、グローバルツールと先鋭的なデザインの存在感により、メンディーニは80年代のイタリアのデザインの革新を支えた主力の1人でした。 70年代後半に彼は、デザインや様々なプロジェクトに戻り、1979年にアルキミアスタジオに加わりました。80年代のメンフィスのこの急進的なデザイナーのグループは、芸術的な喜びのため、そして大衆文化やキッチュを参考にしたオブジェクトをデザインすることで、機能主義のデザイナー達を驚かせました。工業生産と実用性の規範をはるかに超えていたのです。 アルキミアと共に、彼は物、家具、環境、絵画、インスタレーションと建築作品を作成。この時期の彼の最も重要な作品の中には、フローニンゲン美術館と、メンディーニがメタプロジェクトのコンサルタントを務めるALESSIのイメージの刷新がありました。 1989年に彼は、兄弟のフランチェスコとミラノでアトリエメンディーニをオープンし、洗練された、ポップデザイナーとしての彼のキャリアを続けました。彼の重要な要素は、常にアートとデザインの巧妙なハイブリッドにあり、大きな商業的成功を達成する人気のあるオブジェクトをもたらしました。" "イタリア人デザイナー、ミリアム ミッリはボローニャで生まれました。彼女は、2010年からオフィスがあるミラノに住み、はScuola Superiore Disegno Anatomico を卒業し、デルプロジェット大学でデザインとコミュニケーションを学びました。その後ロンドンに移り、ブランソンコーツ建築事務所でデザイナーとして活動。彼女はイタリア国内外のいくつかのデザイン会社とコラボレーションし、そこで重要なイタリアの会社のための工業製品の他に、グラフィックと出版プロジェクトを展開させました。ミリは1993年以来、ミラノに定住しています。1999年までステファノ ジョバンノーニと活動。2000年からはフリーランスデザイナーとして活動を始めました。彼女はALESSI、MandarinaDuck、Henkel、Seiko、Hagen-Dazs、Bysteel、Meritalia、Bassetti、Gruppo Coin、Euro3Plast、UnitedPetsなどと共同で、家庭用品、ペット用アクセサリー、昼と夜のオブジェクト、時計、補完物や家具などをデザインしました。2006年、彼女はプロジェクトチームと共に「Fritz Henkel Award for Innovation」を受賞し、トリエンナーレデザイン美術館など、国内外の展覧会に様々なエディションに参加。ミラノ・トリエンナーレでの「The New Italian Design」や、「D come Design. 」などです。彼女の作品のいくつかは、International Design Yearbook 2005に含まれています。彼女はデルプロジェット大学および、ミラノのドムスアカデミーでデザインワークショップを開催し、いくつかのデザインマスターコースで作品を発表しました。" アンドレア モルガンテは、1972年にミラノで生まれました。建築学の学位を取得した後、ロンドンに移住。 2001年にFuture Systemsに入社し、アソシエイトディレクターとして、ヤン カプリッキーの隣で活動しました。バーミンガムのセルフリッジの多くのプロジェクトの中で、プロダクトデザインと、そして最終的に彼はモデナのエンツォフェラーリミュージアムのためのデザインを導き、モルガンテはロス ラブグローブと協力して、いくつかの持続可能な建築計画をリードしています。 2009年には、ロンドンにShiro Studioを設立。モルガンテの​​長期的で情熱的な解剖学、デジタル製作、植物学、航空学と哲学へのアプローチが、彼の建築と製品デザインの特徴です。 マッシモ モロッツィは1941年にフィレンツェで生まれた、建築家兼デザイナーです。彼は、Archizoomグループのメンバーで、モンテファイバーデザインセンターのコーディネーターで、CDMグループ(Consulenti Design Milano)のパートナーです。機能的革新と強いパターンは、Cassina、Driade、Fiamとの彼の最近の作品の特徴的な点です。アムステルダム、サンパウロ、メルバーン、東京、そしてドムスアカデミーとミラノのヨーロッパデザイン研究所で、講演とセミナーを開催しました。 彫刻家ジャコモの息子であるピオ マンズは、1939年にベルガモで生まれ、ウルムのデザイン学部で学びました。1962年、マイケル コンラッドと共に彼は、レビュー自動車によって開催されたAustin Healey 100の機体に適用されるクーペの新しい概念のためのコンペに勝ちました。1968年にコンサルタントとしてCentro Stile FIATに入り、小型車の研究に専念しました。 "ブルーノ モレッティは1985年に、ディジョンにある国立高等美術学校を卒業し、1987年にファブリス ベルーとパスカル オリオールと共に「18 Août 」を設立しました。モレッティはデザインとインテリア建築の分野でプロジェクトに取り組んでいます。彼の作品の多くは、フルーツボウル、トレイ、カトラリー、台所用品など「食器」に関連したものです。有名な展覧会で特集され、いくつかはパリの装飾美術館のコレクションに入っています。 2012年のガイ サボイとの出会いは、テーブルデザインにおける新しい分野の始まりでした。友好的でプロフェッショナルなこの関係は、物と食習慣との関係について私たちに異なる見方をさせる、いくつかのプロジェクトの開発につながりました。モレッティはガイ サボイと共に、Hôtelde la Monnaie de Parisのシェフが2015年にパリに新しくオープンしたレストランのための、一連の「テーブルアート」製品のデザインを行いました。"